やっぱ東横苑仙の花鳥風月かな?

年がら年中ゲームをやってるグラタンによる、ゲームブログ。いろんなジャンルのゲームを扱っていきますのでよろしく(と言いつつ、アクションばっか・・・)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

温故知新その6『クロス探偵物語』-再掲-

いわゆる推理物のゲームの代表と言えば、やはり『探偵神宮寺三郎』シリーズになるのでしょうが、この種のゲームに共通する難点があります。それは、コマンド総当たりで進めてしまうということです。間違った答えをしても、「いや、そうじゃない」とか、「もう1度考えなおそう」とか勝手に言い出して、結局正解にたどり着くあれです。正直、しらけますよね。


しかし、唯一この難点を克服したゲームがあります。それがこの『クロス探偵物語』です。このゲーム、本当に推理して謎を解かないと次に進めないのです。コマンド総当たりができない。では、どうやってそれを可能にしたのでしょうか?

答えは実に簡単です。謎の答えを求められたとき、あらわれるのはコマンドではなく、五十音表なのです!いやはや、ビビりました。ヒントになるとしたら答える文字数ぐらい。あてずっぽうでは絶対に無理です。だから、ほんとに答えが分かっていないと先に進めない。すばらしいシステムですね。

しかるに、出す出すと言いながら、ワークジャムは全く続編を出そうとしません。ワークジャムが「神宮寺三郎」の版権を買い取ったときには「すわ、クロスシステムの神宮寺か?」と色めきだった僕でしたが、出たのは相も変わらずコマンド総当たりの神宮寺でした。失望しましたよ、ほんとに。

ワークジャムさん、早く続編をお願いします。

追記
ワークジャムが出さないなら、同じようなコンセプトの推理ゲームが出てきてもいいんですが、なかなかないですね。嘆かわしいことです。
スポンサーサイト
このページのトップへ

温故知新その5『ネクロノミコン』-再掲-

KAZeの作ったテレビゲーム史上最高のピンボールゲームです(SS)。この作品の前に『ラスト・グラディエーターズ』という、実機をもとにしたピンボールゲームもあり、そちらもまたすばらしいできなのですが、どちらかを選ぶならこの『ネクロノミコン』でしょう。

なんと言っても圧巻なのは、ドリームランズにおけるネクロノミコンラウンド(8個マルチボール!)です。しかも処理落ちなし。これには正直、唖然としました。朝から晩までエクストラボールをリットしまくりのやりまくりでしたね。

しかし、ピンボールという、日本においてはマイナーなゲームのせいか、あまり売れなかったようです。筆者はかろうじて子供のころにピンボールにハマッた経験がありますが(田舎のゲーセンの隅にあるピンボール台には、子供がやるための踏み台がありましたね。懐かしい)、ピンボールをやったことある人自体、少ないだろうなあ。デジタルピンボールがその凄い完成度にもかかわらず2作で打ち止めになったのには、その辺が関係してるのかもしれませんね。
このページのトップへ

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

ブログ集のビリオンブログ

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。